Chillax-dqx

DQXでやってみたいことを「ゆっくり、のんびり」1つずつ達成していこう。そんな日々を綴ったブログです。(攻略や検証を紹介するブログではありませんよ。)

コンテンツは実装されたときにすぐにできるのが幸せ。

ここまで来ていろいろ困っています。

今日は最近行き詰まりを感じている

いくつかのことについての記事です。

 

 

今日は東京まで出張に行ってきました。昨晩あまり眠れなかったので、この記事を書きながら寝てしまいそうです(´ーωー`)zzz

f:id:deigo-no-hana:20180501211754j:plain

 というわけでまずは、おきがえリポちゃん~ゴールデンウィークすぺしゃる~1日目の「月光蝶の夜会服セット」です(*´ω`*)ナガイヨ

 

 

さて、ここから本題です。ほとんど毎日1人でプレーしている私にとって、ストーリーやレベル上げなどは、レベルの高いサポを雇って行けばなんとかなることばかりです。レベル99の解放クエストは少し苦戦しましたが、レベルが高くて優秀なサポにばっちり支えてもらいました。

ですが、まだまだ発展途上の私のような冒険者にとって、サポではどうにもならない、1人では困ってしまう事がいくつかあります。今日はそんな少し苦労していることについて考えます。

 

 

 

 

1.ドレア用の中途半端なレベル帯の装備は需要がない

レベル60あたりから93までの装備は、需要が低く職人さんはあまり作りません。最新の装備以外は、「型落ちであるにもかかわらず最新のものに比べてはるかに値段が高い」問題は改善される気配がありません。高い素材を使って作った装備を安く売ってくれるような奇特な方はいなくて当然です。需要が低いわけですから、失敗品を安い値段でばんばん流して大成功品で利益を生むという方法もとれません。

さて、私が型落ち装備を必要とする理由はただ1つ、ドレアに使うからです。しかし、一部位に何十万も払ってドレアを作るには少し勇気がいります。ですから型落ち装備を入手するための方法としては、白箱に頼っているのが現状です。

ところで、白箱の仕組みは、人数が多ければ多いほどいっぱい落ちます。1人1人が対象の魔物に対して白箱抽選を行うため、1人より4人のほうが4倍落ちるということになります。ですからより多くの人とPTを組んで狙えば単純に期待値も人数に比例して上がるわけなんですが・・・

ここで大きな問題です。そう簡単に自分が欲しい型落ち装備をちょうど欲しがっている人に巡り合うことができるでしょうか。私がこれまでに白箱で取得したアイドルブーツ、天宮騎士の鎧下、タイフーンレザー、ゴシックニーソ。なかなかPT募集している方はいません。

これはレベルや進度などとは関係なく、ドレアが好きな人には共通の悩みなのかも知れませんね。なんとかして目的の装備を一緒に取りにいったり、お互いに協力して取りに行ったりする方法はないものでしょうか。

 

 

2.型落ちコインは需要がない

これからアクセサリーを作りたいと思っていても、実装されてからの時間が経過しているほど、そのコインボスについては募集がありません。勿論1人で行くこともできますが、これを4人で行けば1/4の消費で済みます。グレン1で募集を探してみてもなかなか見つけることができないのが現状です。

カジノの景品にもアトラス、バズズ、ベリアル、ガイアのカードは並んでいますが・・・果たしてどれだけのカジノコインを消費すれば最大値の合成効果で埋め尽くすことができるでしょう。ここでもやはり、4人で行けば1/4の消費で済むわけなんですよね。私はまずベリアル、ガイア、グラコスキラーマジンガあたりをなんとか作りたいと思っているんですが・・・。

 

 

3.旬が過ぎたコンテンツは需要がない

これはもうピンポイントで魔塔です。ときどきグレンで募集している方もいますが、高効率を求める周回PTの募集だったりします。しかし、「アクセサリーの持ち越し」がここにきて足かせとなっています。だってまだ何もアクセサリーを持ってないから私はお荷物です。なかなかその募集にのることができません。

ソロでも行けますが、このコンテンツとピラミッドとの大きな違いは、サポが選べるか選べないかです。だから魔塔は苦しい。抽選で入るサポによって難易度が大きく変わってしまい、場合によってはクリアすることも困難になってしまいます。

不思議のカードという現状では最強のカード枠のアクセサリーを完成させるためには周回が求められます。その周回を抽選で入るサポ運にまかせるのはとても苦しいです。

 

 

4.オートマコンテンツに参加しずらい

これは「型落ちコイン」や「旬が過ぎたコンテンツ」の話にもつながることなのですが、例えば防衛軍にしても邪神にしても、サポで行くことができないコンテンツについては、他の冒険者と一緒に遊ぶことが強要されます。オートマが嫌いなわけではないんですが、そうなると他の皆さんに迷惑をかけないように最低限の準備をしてから参加したいと思っています。最低限がどこにあるのかは人それぞれだと思いますので、なんとなくフワフワした話になってしまいますが、たとえば防衛軍に参加するなら海魔の眼甲が欲しいです。しかし、なかなか募集はありません。また、アンクやベルトのように、完成させるまでに時間のかかるものについては努力してもどうにもならない現実もあります。神経質になる必要はないかも知れませんが気になってしまいます。オートマを避けるためにはPTを組んで行くしかないんですね。

 

 

5.最後に・・・

様々なコンテンツに対して、実装時にすぐに遊ぶことができるということが、どれほど有利なことなのかということを、最近実感しています。これらすべてを解消してくれるものが恐らくチームであったりルームであったりするのかも知れません。

「需要がない」という表現をしましたが、きっと需要はあるんだと思います。ただ見えずらいから探すことができないだけなんだと思います。ならばこれらの課題を解決させるたに自分自身がランドマークとなってチームやルームを立ち上げれば良いという結論に至ったわけなのですが・・・。私自身が気まぐれすぎてそう簡単に立ち上げられないというのが一番の課題なのかも知れません。

(C)Chillax-dqx.
(C)ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO