Chillax-dqx

DQXをゆっくりのんびり。日々を綴ったブログです。

DQXのチーム

朝起きたら熱が下がっている。

そんなことを夢見た昨日の私に

朝起きてがっかりしたよ・・・。 

 

 

さて・・・

 

 

昨日は自分にとってのチームって

何なのかなっていうことを

少しだけ考えました。 

 

 

ではそもそもチームって何なの?

今日は私にとって・・・というよりも

DQXのチームそのものについて

少しだけ考えてみます。

 

 

何万人もの人が遊ぶこのゲーム。

少し仕切られた「チーム」という枠。

その中で安心して遊びたい。

 

 

そんな思いでチームを活用している人は

たくさんいると思います。

それがDQXでのチームの

大きな役割の1つだと思います。

 

  

交流酒場を見ると

いくつものチームの募集。

募集の文章を読ませていただくと

魅力的なチームの数々。

思わず声をかけてみたくなります。

 

 

チームに入れてもらったことは

何度かあります。

 

 

チームがより良く運営されていくように

いろいろな取り組みをされていました。

チーム内でのトラブルを未然に防ぐために

様々なローカルルールが設けられていました。

 

 

そして、チームで知り合った人たちと

この世界でいっぱい遊ぶことができました。

人と人が出会う大きな役割を

果たしているんですね。

 

 

笑いあい、喜びあい、感動しあい・・・

一人では決して味わうことのできない

素敵な時間を過ごすことができる。

・・・かもしれません。 

 

 

楽しいことばかりではありません。

折り合いがつかなければチームを去る人も。

そんなときに流れるチームチャット

見ているのはとても重たい。

 

 

大人同士それぞれの責任で遊んでいます。

人が集まれば合わない人がいて当然。

「うまくやろう」としたってダメなら仕方ない。

 

 

なんとかしようとしてもどうにもならないのは

1つのチームに縛られているわけではないから?

自分の意志で入って、自分の意志で抜ければいい。

別のチームに入る選択肢もあります。

 

 

顔も名前も知らない人間関係。

それを突然断ち切ったところで

今の生活に何も困ることはありません。

そしてまた新しい人間関係を作っていけばいい。

なんだか悲しいけどそれだけのことなのかも。

 

 

さて、チームに活気がなくなれば

会話は消えてしまいます。

目的に合わせて様々なチームが存在し

それに合わせてチームチャットが使われます。

ですが、どんな目的のチームでも

チームチャットが流れていると

活気があって動いてる感じがします。

常に新しい風を吹かせ

活気を保つのは大変なことですね。 

 

 

何かしたいけど何しよう・・・サポ雇おう。

やりたいことあるけど・・・サポ雇おう。

同じコンテンツをしている人がいても

それぞれにサポート仲間を連れてる。

「一緒に遊ぶこと=活気だ!」

・・・とは限りません。

 

 

でも、同じことするなら

一緒にできたらいいのになって。

 

 

チームに求めているものの違いです。

いろいろ思うのは私の勝手だけど

そんなこと突き付けてられても迷惑な話。

 

 

「とにかく先へ先へ」という人と

「とにかく誰か遊ぼうよ」という人は

果たして共存でるのでしょうか。 

 

 

「別に気にならないけど?」

「深く考えすぎでは?」

そんな声の方が大きいかもしれません。

 

 

人によっては便利な集まり。

人によってはよりどころ。

人によってはこのゲームの全て?

みんな正解なんだと思います。

何かの目的を達成させるための

居場所なのかもしれません。

 

 

でも目的を見失ってしまうと

「なぜここにいるんだろう・・・」

ともなりかねません。

 

 

だからどんなチームに入るのか。

とても大事なポイント。

ぶれてはいけないポイントだと思う。

 

 

いろんな考えの人がいるから

いろんなチームがあって

そこを居場所にする人がいて

そんなのが素敵で楽しい。

 

 

皆さんは、自分の居場所を

見つけることができていますか?

 

 

f:id:deigo-no-hana:20180212233647j:plain

私はこれからゆっくり探してみます!

(C)Chillax-dqx.
(C)ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO